« 4日の練習 | メイン | もしかして »

2008年2月13日 (水)

新しい仲間

我が家では、以前から熱帯魚piscesを飼っている。
ただ、数年前は淡水フグをはじめ10匹程度の熱帯魚がいたが、
その後、水槽が割れたり(洗浄中に)、魚が死んだりして現在はコリドラス1匹だけ。

オチビも毎日のようにコリドラスを見ているが、
コリドラスという魚は水槽底にいて、ほとんど動かない。
(オチビには、動かない魚は面白くないようだ)

そこで、熱帯魚を購入することにした。
今回は、安い魚を大量にということで、10匹で980円の魚と3匹で980円の魚を購入。
(丈夫なタイプの魚をチョイス)

そのうち、僕は白・青・黒のコリドラス(3匹で980円)を選んだのだが、
10匹で980円の方は嫁さんが選んだため、僕は名前をよく見ていなかった。

そして、家に帰ってから嫁さんに魚の名前を聞いたのだが、うろ覚え。
レシートを見ても、「熱帯魚」としか書かれていなくて、名前が分からないsad

もし、画像を見て「魚名」がわかった方は、ご一報をお願いします。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/240029/11765400

新しい仲間を参照しているブログ:

コメント

SWさん
はじめてお邪魔します。
この熱帯魚は、プラティですね、めだかの仲間です。グッピ-と同じく卵胎生なのでたまごでなく子供を生みます、只、同じ水槽に入れておくと全部食べてしまいます。
尻ビレの根本に横からみたらねずみのような模様があるものをミッキ-マウスプラティといいます、なにもないものを普通、ワグプラティといいます、改良種もグッピ-と同じくたくさんいます。

ほりきょうさん、ありがとうございます。
駄目もとでブログにしたのですが、返答があるとは思いもしませんでした。
プラティかぁ・・・。
(プラティニなら知ってたけど)
あとで、嫁さんにも伝えたいと思います。

今朝、はやくも1匹が変な動きをしていました。
寒さに弱いのか・・・うちの水槽になじめなかったのか・・・。
熱帯魚の飼育は難しいです。

めだかの仲間は弱アルカリ性の水質を好みます、一方、コリドラスはアマゾン原産なので弱酸性を好みます、多分弱酸性ぎみの水質なため弱っている固体は若干落とすかもしれません、そのうち魚の方がなれてくると思います、対処法は定期的な水換えにて中性を保つことが一番ですがやりすぎるとバクテリアが死んでしまいますので半分ぐらいの水換えがいいと思います、水換えしないとどんどん酸性になります。
コリドラスにあう魚は、アマゾン原産のネオンテトラ等テトラ類やエンゼルフイッシュの小さい固体があうと思います。

ほりきょうさま。
アドバイスありがとうございます。
今まで水質のことを深く考えたことがありませんでした。
(汚れが目立ってきたら替える程度でした)
勉強になりました。
冬になって水換えをさぼり気味・・・さっそく週末に少し水を入れ替えてみます。

コメントを投稿

最近の写真

  • 井上君、おめでとう!