« お弁当の日 | メイン | カーナビの地デジ化 »

2011年2月23日 (水)

過去の「あとがき」シリーズ

クラブニュース第47号(2008年7月号)より
■■あとがき■■

【大人の思いと子供の思い】
先月、2歳になったオチビ。女の子だからという訳ではないが、自分の思いを態度だけでなくようになった。
「痛いの」「開かないの」「取れないの」・・・。

そんなオチビが、風邪をひいたので病院に連れて行った。
以前、風邪をひいた時に病院でもらった薬が苦かっのか、その時は飲ませるのに苦労した。

そんなこともあり、今回は甘い液タイプの薬にしてもらった。それを付属のスポイトにとって、口に流し込めばいい。
前回は、コップで飲ませていてこぼれたが、スポイトなら飲ませやすい。

そして、薬を飲ませる時間になった。
オチビは嫌がる感じもなく素直に口を開けた。

そして、スポイトを使用し口に流し込んだ。
すると、すぐオチビが嫌がりだした。
顔を背けて、絶対に口を開こうとしない。
オチビの必死の抵抗に「何で?甘いやろ」と言うと、

オチビが怒って言った。
「あ・ま・い・の!」

甘い=子供が好き。という大人の思いは違っていたようです。それとも、甘すぎたのか。子育てって難しいです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/240029/26039113

過去の「あとがき」シリーズを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • 井上君、おめでとう!