ドラフト Feed

2018年9月13日 (木)

ドラフト候補:引地秀一郎

今年の高校生は、野手ばかりが目立っていますが、投手では倉敷商:引地君ですね。

身長186センチ、MAX151の本格派です。彼の場合は、地方予選で2試合連続151キロを記録していることから偽りなしです。

最近、阪神の高卒投手で活躍している才木君や望月君、まだ一軍デビューしていない浜地君(才木君と同級生)がいて、彼らは高校時代に140後半から150キロを投げていました。あ、牧くんも。

以前からも言ってますが、背が高く球の速い高校生はどんどん獲得してもらいたい。僕は、大阪桐蔭:柿木君より引地君を評価してます。

2018年9月12日 (水)

ドラフト候補:林晃汰

アジア野球大会の選抜メンバーに選ばれなかったけど、見たかった右打者が野村君なら、左打者は林君(智弁和歌山)。

林君は、左の長距離砲。
身長も181センチと申し分ないが・・・僕が気になるのは走力。

ちょっと、左打者で比較してみました。
①林晃汰:181センチ。50m6秒7。
②筒香嘉智:183センチ。50m6秒4。
③岩本貴裕:182センチ。50m6秒8。

筒香選手と同じくらいの走力ならと思うのですが。 ただし、今の阪神には長距離砲が必要です。 野村君に林君、プロのスカウトの評価はどうなんだろう。 2人のどちらかを4位や5位で獲れたら理想なんだけどな。

2018年9月10日 (月)

ドラフト候補:野村大樹

日ハム:清宮君の後輩である早実:野村大樹君がプロ志望届を出しました。

彼は、1年生の時から注目されていましたが、てっきり進学だと思っていたのにプロ志望とは。

彼については、身長が172センチしかないことやポジションが三塁、捕手ということもありプロは厳しいかもしれませんが、僕は彼を指名する価値はあると思ってます。

また、アジア野球大会で見たかったのが本音だけど選ばれなかった。 それでも、木製バットにも対応出来ると見ています。

僕がもっている野村君のイメージは、西武の森友哉君。 森君も身長170センチと小柄ですがスイングスピードでプロでも通用しています。 野村君も、通用するはず。阪神が3位くらいで指命してくれないかな(^^;

2018年9月 8日 (土)

阪神、吉田君をドラ1候補に

阪神、吉田君をドラ1候補に 「阪神が吉田君をドラ1候補」が今日のスポニチ1面でした。

ドラ1候補は、他球団もそうだろうと思うけど、僕は「即戦力評価」は違うかなと。

藤浪君のように高卒1年目から10勝はないなと。以前も書きましたが僕の吉田君に対する評価は高くないんで。

即戦力で欲しいなら辰己君、しばらく待つなら藤原・根尾・小園かな。

2018年9月 7日 (金)

U18日本、敗戦

日本、台湾に負けてしまいましたね。

吉田君が韓国戦に続いて打たれたわけですが、それ以上に打てない打線が問題。

相手投手の力が圧倒していたわけではなく、木のバットに対応出来てないのが原因。

昔の話になりますが、北條選手(阪神)が4番で出た大会でも北條選手は全く打てなかった。去年の中村奨成(広島)も苦しんでた。

そんな中、すんなり対応していた選手が森友哉(西武)。そういう選手は、プロ1年目からでも打ってたりする。

残りは中国戦が2試合。
打撃陣、頑張って下さい。

2018年9月 6日 (木)

大学選抜で注目選手

大学選抜で注目選手 大学選抜で注目選手 ちょっと前に高校選抜と大学選抜が壮行試合をしましたが、大学選抜で見たかったのが辰己野手と甲斐野投手(東洋大)。

辰己君は、前にも言いましたが藤原君とタイプが似ている。外野手で強肩で俊足。ホームランバッターではないけどリードオフマンにはいける。もちろん、ツボにはまればスタンドに運べる。壮行試合では、タイムリーを打ってましたが凡退しても僕の評価は変わらないです。

さて、辰己君は何度か見ているので、どちらかと言えば甲斐野投手が見たかった。最速159の速球は、どこまで本物なのか。

壮行試合では、根尾君に対し158キロを記録していたけど、ファールでの記録。僕は、空振りか見送りでの記録しか正しい数値が出ないと思っているので、その球以外では154キロ位が最速だったと思う。

阪神で言えば、望月君くらいか。それでも、指名する価値は充分あると見ました。

その他に小園君にホームランを打たれた松本投手(日体大)も注目されてましたが、僕には良く見えませんでした。

まだまだ見たい選手が居ますが、なかなか試合を見る機会がありません。だから、壮行試合は貴重です。

2018年8月13日 (月)

ドラフト候補チェック③

ドラフト候補チェック③ 今回は、報徳学園の小園君。彼も間違いなくドラフト1位候補。

藤原君の時にも書きましたが、小園君も昨年のU18で、藤原君と同じく2年生ながら木製バットに対応出来ていました。

今回は体つきも大きくなり、成長を感じました。また、小園君の守備は、守備位置の深さを見ても高校生では抜けてます。

試合では、二塁打3本だったので確認出来ませんでしたが、次戦はヒットからの盗塁を見てみたいです。

阪神は、ドラフト1位で誰を指名するのだろう。僕なら野手だったら、藤原君か小園君か辰己君(立命大)かな。

2018年8月11日 (土)

ドラフト候補チェック②

ドラフト候補チェック② 今回は、金足農業の吉田投手。

吉田投手は、前評判が高くMAX150の好投手。

吉田投手については、SNSのコメントや試合に勝利した翌日のスポーツ紙でもドラフト1位候補とまで言われたりと高い評価。

ただ、僕が抱いた印象は、そこまではいきませんでした。

ランナーが出るまで本気で投げないこともあるのか、かなり安打されていたこと。9回で球数157は、やはり投げすぎ。ボールが高めに外れることが多く強豪高なら、高めの球は見送ったと思う。それが僕の感想です。

ただ、調子が良くなかったのかもしれませんし、次戦で真価が問われると思います。

2018年8月 7日 (火)

ドラフト候補チェック

ドラフト候補チェック ドラフト候補チェック 甲子園が始まりました。

やはり、ドラフト候補を見たいので大阪桐蔭の試合はチェックです。

藤原君(外野手)と根尾君(遊撃手&投手)。

どちらもドラフト1位候補ですが、僕なら藤原君を指名するかな。理由は、昨年のU18で、藤原君と小園君(報徳学園)は2年生ながら木製バットに対応出来ていたことと俊足なこと。

守備も見てましたが、あまりボールに触る機会がなかったので分かりませんでした。肩の強さとかを見てみたいですね。

ただ、大学生で立命館大学の辰己涼介という藤原君と同タイプの選手(外野手)がいます。彼との比較が難しいです。

何れにせよ今後の大阪桐蔭の試合も注目です。

2018年6月11日 (月)

辰己涼介(立命大)

今日から、全日本大学野球選手権が開幕。

プロ注目の外野手、辰己君が奈良学園大学との第1試合に出場。3打数2安打2打点と活躍しました。

当然ながら、僕もチェックしたいところ。スカパー!で生中継しているのですが、僕の録画機器は1番組10時間までしか録画出来なくて、大学選手権は番組時間が12時間のため録画出来ずにハイライトしか見てない(>_<)

録画が出来るのは、準々決勝くらいからで、そのためにも立命館大学には勝ち続けてもらいたいです。

ちなみに奈良学園大学には、敦賀気比卒の米満君(4年生)や福井工大高の摺石君(1年生)が出場してました。米満君は本塁打、摺石君は辰己君に打たれましたが1年生で先発と活躍してました。

明日は、福井工大も登場します。試合、見たいな。

最近の写真

  • 阪神のエースと4番
  • 阪神のエースと4番
  • 阪神のエースと4番
  • 阪神のエースと4番
  • 阪神のエースと4番
  • グッピーに稚魚が
  • 久々に熱帯魚を
  • 阪神、吉田君をドラ1候補に
  • 大学選抜で注目選手
  • 大学選抜で注目選手
  • 新井選手、お疲れさまです。
  • ピクニックコーン大福